お役立ち情報

道家事務所が、その疑問にお答えします!
不動産登記って何? どうして必要なの?

道家事務所が、その疑問にお答えします!

“不動産登記”と聞いても、具体的にどういうものかすぐにわかる方は少ないでしょう。土地や建物などの貴重な資産を守るために避けられない手続きが、不動産登記です。専門的な知識が必要となる不動産登記について、プロである道家事務所が解説いたします。

不動産登記って何ですか?

所有者や権利関係を明確にし、安全な取引を実現します。

所有者や権利関係を明確にし、安全な取引を実現します。

土地や建物といった不動産は、大切な財産です。しかし、「誰が持っている土地なのか」「どのような権利が設定されているのか」など、不動産の状況を明らかにしなければ、トラブルの原因になりかねません。そういった不動産トラブルを未然に防ぐのが、不動産登記の大きな役割です。不動産登記では、公の帳簿である登記簿に不動産の所有者や権利関係を記録します。ここに記録された内容は公開され、安全かつ円滑な不動産取引に活用されています。

POINT!
  • 不動産情報を公の帳簿(登記簿)に記録するのが「不動産登記」
  • 登記簿に記載された情報は一般に公開され、誰でも確認できる
  • 売買や融資といった不動産取引を安全かつ円滑にする
  • 不動産の状況を明確にすることでトラブルを未然に防ぐ

権利や表示に関する登記って?

権利を示す「権利部」と概要を示す「表示部」が存在。

権利を示す「権利部」と概要を示す「表示部」が存在。

登記簿は「権利部」と「表題部」の二部構成になっており、それぞれ登記する内容や申請義務の有無も異なります。さらに、権利部は司法書士の領域で、表示部は土地家屋調査士の領域です。登記と一口に言っても内容によって専門家が扱える領域は違いますが、道家事務所なら司法書士と土地家屋調査士の両方が在籍しているため、権利部と表示部の2種類の登記手続きを行えます。

権利部
内容 所有権や担保権、地上権などの権利関係を記載
領域 司法書士
申請義務 登記の申請義務なし
表題部
内容 所在や面積など、不動産の物理的な概要を記載
領域 土地家屋調査士
申請義務 登記の申請義務あり

不動産登記の必要性って?

目に見えない権利を主張し、財産を守るのが役割です。

目に見えない権利を主張し、財産を守るのが役割です。

もしも不動産取得から1ヶ月以内に申請義務のある表題部の登記を行わなければ、10万円以下の過料に処される恐れがあります。また、権利部が未登記のままだと、第三者に所有権を主張できません。不動産を購入したにも関わらず、登記をしない間に別人が手続きを行ってしまったら、登記に記載された人物の所有物になる可能性すらあります。
不動産に関わる様々な「権利」は、目には見えません。だからこそ、登記手続きを行うことで権利を視覚化し、存在を明確することが重要です。安心できる不動産取引はもちろん、自身の不動産を守るために、不動産登記は必要なのです。

POINT!
  • 表題部の登記を行わなければ10万円以下の過料に処される
  • 権利部が未登記だと、不動産の所有を第三者に主張できない
  • 不動産取引や金融機関からの借入を利用できない可能性も
  • 様々なトラブルから不動産を守るには不動産登記が有効的

不動産登記に関わるご質問を受付中です。些細なことでもお気軽に道家事務所にご相談ください。

Tel 052-778-6080ご相談・お問い合わせ